サプリメントを用いた栄養摂取について

本来、食事だけでは不足しがちな栄養の摂取に用いられるものが、サプリメントというものです。近ごろの目的は、栄養不足を補うためだけにとどまりません。目的は様々で広く用いられているようで、体力増強、眼精疲労や関節痛などの体質改善、美容やダイエットなどです。

日本でサプリメントの認知度が高まったのは、1990年頃からの健康意識の高まりやテレビ番組での紹介によってです。多くの人がサプリメントでの栄養摂取を行うようになっています。明確な定義がサプリメントに関してあるのがアメリカです。サプリメントは法律上は食品として扱われているのが、日本です。医薬品か食品かのどちらかで口にするものを判別している日本では、医薬品のカテゴリにサプリメントは入っていないからです。食品扱いであるサプリメントには薬のような効果や効能を記載することは認められていません。実は多くのサプリメントは錠剤型やカプセル型であり、医薬品と間違われやすいのですが別なものだといえます。

現在の日本人の食生活はレトルト品や加工品の割合が増え、外食や不規則な食習慣で栄養不足に陥る人も増えています。体に必要な栄養を全て食事で補うことは、自宅で食事をしている人でも、なかなか厳しいかもしれません。サプリメントは栄養が欠乏しないよう、食品の補助として用いられるものです。