にんにく卵黄と有機ゲルマニウム

にんにく卵黄のにんにくには有機ゲルマニウムという物質が含まれています。ここでは、その有機ゲルマニウムとは何かということとについてと、体にもたらす影響について説明します。また、そのゲルマニウムを多く含むにんにく卵黄も1つ紹介します。

・有機ゲルマニウムとは
有機ゲルマニウムとはゲルマニウムの一種であり、水に溶けやすい特徴を持っています。水に溶けやすいということは体内に入っても効率良く吸収されたり、すぐに排出されたりするという事です。体内では血液やリンパ液といった水分を含んだものを仲介して吸収されたり、排出されたりします。要は、水に溶けやすい状態の方が効率良く利用が可能なのです。

・有機ゲルマニウムの作用
有機ゲルマニウムを体内に入れるとどのような作用をしてくれるのかですが、血液を健康な状態に戻してくれる効果があります。現在はストレス社会と言われています。このストレスが血液には良くありません。他にも血液に悪影響を及ぼす要因は公害などたくさんあります。そんな血液が悪化している状態を健康な状態にしてくれるのが有機ゲルマニウムなのです。

・にんにく卵黄229-55
このにんにく卵黄には青森県産のにんにくを使っていて、ゲルマニウムの他にもスコルジンも多く含まれています。また、卵黄にもこだわり宮崎県産の無添加の有精卵を使用していて、品質管理にも力を入れています。このゲルマニウムがたくさん入ったにんにくと、品質管理に力をいれている卵を使ったにんにく卵黄がにんにく卵黄229-55なのです。