伝承にんにく卵黄

伝承にんにく卵黄

伝承にんにく卵黄は、九州の契約農家のみで収穫される「嘉定種にんにく」と、鹿児島県の美山に位置する養鶏場で育った鶏が産み落とす「自然養鶏卵」を使用して作られています。

九州南部に古くから伝わる家庭の滋養強壮剤であったにんにく卵黄をそのままカプセルに凝縮し、本来の栄養素はそのままに、にんにくの独特の香りや味のみを、毎日服用しやすいように加工しています。

ハード・ソフト・粉末と、ライフスタイルや目的に合わせて3種類のタイプから選択することもできるので、自分に合ったにんにく卵黄を見つけることができるはずです。


厳選した本物の素材のみを使用

厳選した本物の素材のみを使用

伝承にんにく卵黄には、全て純国産の、厳選した本物の天然素材のみが使用されています。

にんにくには、よりにんにくの原種に近く、にんにく本来の成分がギュッと濃縮された九州産の「嘉定種にんにく」が使われ、卵黄には鹿児島県の広々としたストレスフリーの養鶏場で放牧され育てられたにわとりのものを使用。

こだわり抜かれた素材は、いずれも決して安価なものではありませんが厳選素材を組み合わせることで、素材同士が互いに有効成分を引き出すのです。


職人の手によって作られるのは3タイプ

伝承にんにく卵黄の製造は、ほとんどが機械を使用することなく職人の手作業によって行われています。これは「古式伝承製法」と呼ばれるもので、にんにくや卵黄の焙煎やブレンドには熟練した職人の感覚が不可欠であるという考えから生まれたもの。

カプセルのタイプは全3種類から選択することができ、にんにくの匂いが気になる方にはソフトカプセル、早く結果を得たい方にはハードカプセル、料理で活用したいという方には粉末タイプと、一人ひとりのお客様が自分なりのスタイルで服用することができるよう、工夫が凝らされているのです。