にんにく玉ゴールド

にんにく玉ゴールド

にんにく玉ゴールドは、国産のにんにくと有精卵黄のみを使用し、素材の良さを生かした、とても昔ながらのにんにく卵黄です。

にんにく卵黄の歴史は今からさかのぼること約200年、江戸時代から受け継がれてきた製法に今もなおこだわり続け、素材には出来る限り手を加えず、ソフトカプセルすらも使わない伝統製法で作られているのが「にんにく玉ゴールド」。

素材をほとんど加工することなく使用している為、にんにくに含まれるビタミンB群を活性化された状態でそのまま受け継ぐことに成功。自律神経系でお悩みの方々からは絶大な支持を受けているにんにく卵黄なのです。


選びぬかれた安心のにんにくと卵黄を使用

選びぬかれた安心のにんにくと卵黄を使用

にんにく玉ゴールドは素材にとてもこだわっています。

にんにくには、より原種に近いとされる福岡県八女市の嘉定種にんにくを使用。年間を通して米栽培と同じ土壌を利用することにより、栄養価の高いにんにくが出来上がるのです。

また、卵黄についてもこだわりの逸品を使用。大分県竹田市の自然溢れる養鶏場でミネラルたっぷりの九重の湧水を飲ませて育てられるにわとりは、硬い殻につつまれた上質な卵を産卵。その卵から取りだされる有精卵黄は艶やかで濃厚、栄養価が通常の卵黄よりも豊富であることは言うまでもありません。


手間ひま惜しまず伝統製法を守り続ける理由

手間ひま惜しまず伝統製法を守り続ける理由

にんにく玉ゴールドの最大の特徴は、現代の加工技術に頼ることなく、江戸時代から200年以上続く伝統的な製法を守り続ける事に有ります。ソフトカプセルすら、使用していないのです。

これは製造元であるにんにく玉本舗が1粒1粒に凝縮させる栄養素に非常に厳しいこだわりを持っているため。

一般的に流通しているソフトカプセル型のにんにく卵黄(約400mg)には、カプセルの重みがあるために実質100mg程度のにんにく成分しか濃縮できませんが、にんにく玉ゴールドは昔ながらの製法でカプセルなどを一切使用しないため、一粒の200mg中のほとんどに、にんにく卵黄のスタミナ成分がグッと凝縮されているのです。

この製法を守り続けることによって、成分の濃度はもちろんの事、にんにく独特の香りをほんのりと心地よい程度残しながら、本当の意味で「美味しく飲めるにんにく卵黄」の製造を可能にしているのです。